0

夏休み

こんにちは、川口ピアノ教室の大山音楽教室・鈴木です。

待ちに待った夏休みですね!
レッスン中は、夏休みのお出かけの予定など聞いて「いいなぁ~楽しみだね」なんて話をよくしています。

夏休み中もピアノのレッスンはありますので、全力でレッスンの振替えをしています。今のところいい感じにみなさんの振替を組めています(*^^*)
夏休みは思い切り遊んで、夏を満喫してほしいと思います!

しかし、発表会練習にむけて中高生の生徒さんたちには…夏休み中に是非ともピアノの練習を頑張ってほしいです。
やはり普段は勉強に部活に帰りも遅く、思うように練習できないようです。
夏休み中は部活も午前だけまたは午後だけの場合が多いので、半日があくこの休み中にこそ!頑張ってもらいたいです。

私も普段は我が子たちの練習やレッスンを見ることはできないのですが、この休み中に午前中のあいている時間を利用して見ていこうと思います。

小さなお子さんはお母様が一緒でないと練習できないですし、小学生の生徒さんも、お母様から声かけしていただけると助かります。
練習って、誰しもおもしろくはないのだと思いますが、練習した先には気持ちよく演奏できる時間と、先生にたっぷり誉めてもらえるお楽しみが待っています(*^^*)

夏休み、満喫しつつピアノも張り切っていきましょう♪

HPはこちら→http://ooyama-piano.com/
よくあるご質問→http://ooyama-piano.com/faq/

0

ボカロ

こんにちは、川口ピアノ教室の大山音楽教室・鈴木です。

夏休みまであと一週間!暑い暑い日が続きますが、こんな日こそ室内の涼しい場所でピアノの練習。優雅ですね(*^^*)

最近「ボカロ」という言葉を覚えました。
中学2年生の女の子に、何か弾きたい曲があるか聞いたところ「ボカロが好きです」と返ってきました。

ぼかろ?
ボカロ??

「誰?どこの国のグループ?」

色々聞いたところ「ボーカロイド」というものを知り、なるほど。若い子の間では流行っているのだな。と若い子の好きな音楽を知り、流行りに乗ったつもりでいます(*^^*)

その後度々耳にするボカロ。
あるときは息子と娘がメロディーを歌っていました。給食の時間に流れたそうです。
また、最近ご入会いただいた中学1年男子の生徒さんもボカロなどが好きで、色々弾きたいとのことでいらっしゃいました。
そして昨日、高校2年の男の子も始めていらして、ボカロを弾きたいとのこと。

ええ!ボカロね!もちろん知っていますとも!!実はあまり詳しい曲目までは知らないのですが、最近得たワードを使えるものだから、嬉しくてたまらない鈴木でした(*^^*)

何でもそうですが、明確な目標があると頑張れますよね。ある程度大きくなった生徒さんはこうした目標を持っていらっしゃいますから、しっかり練習してきて毎回一生懸命レッスンを受けて帰ります。感心です!

ピアノの目標にむかうみなさんの手助けができれば、私も嬉しいです♪♪

HPはこちら→http://ooyama-piano.com/
よくあるご質問→http://ooyama-piano.com/faq/

0

懇談会

こんにちは、川口ピアノ教室の大山音楽教室・鈴木です。

7月。今の時期、どこの学校でも懇談会がありますね。

私も小学生の子供が二人いますので、今週は火曜日と金曜日にレッスンのお休みをいただいて懇談会に行ってきます。

お仕事をされているお母様たちは、お休みをとるのが大変ですね(T0T)お気持ち、よくわかります。

今回の懇談会は出席できますが、二学期末の懇談会は、私は発表会前なのでレッスンをお休みしたくないと思っています。
子供と同じ学校の生徒さんもレッスンになるのでそちらは振替をして、お母様が懇談会にゆっくり参加できるようにしたいと考えています。

生徒さんの学校やレッスンは大事にしたいのに、レッスン優先で我が子は二の次でいいのか…という葛藤も、一人の母として抱いています。
きっと、他の働くお母様も同じですよね!

まだ先の日程のことなので、その時が近づいたらしっかりどういう予定にするか考えたいと思います!

今日は暑いですが、元気に頑張りましょう!!

HPはこちら→http://ooyama-piano.com/
よくあるご質問→http://ooyama-piano.com/faq/

0

音符の名前

こんにちは、川口ピアノ教室の大山音楽教室・鈴木です。

レッスンでワークブックの勉強中。
よくある音符の間違いについて書いていきます(*^^*)

二分音符の長さは何拍ですか?という問題のとき「二分音符だから、2拍!」という覚え方。覚えているのならどんな覚え方でもいいのですが、こうなると四分音符の長さは?という問題のときに「四分音符だから、4拍!」と、間違ってしまう子がいます。

でも、実際に弾いてみるとちゃんと四分音符はちゃんと1拍で弾けています。
実際弾けているのなら、ワークのときに間違えてもその都度なおせばそのうちわかります。
年齢とともに理解力も深まりますから、間違うことを私は全然気にしていません(^^)

ただ、1拍なのに名前は四分音符って、わからない人からすると謎のネーミングですよね(笑)

これは、全音符が基礎となり、全音符と同じ拍にするには、それぞれいくつ音符が入るのかと繋がっています。
拍子にもよりますが、全音符は4拍とします。
二分音符は2拍なので、全音符4拍と同じにするには2つ必要です。
四分音符は1拍なので、全音符4拍と同じにするには4つ必要です。八分音符は0.5拍なので、全音符4拍と同じにするには8つ必要です。

このように、全音符に対していくつで同じ拍になるかが、名前となっています。

このような覚え方も、小さい生徒さんには難しいので覚えさせていません。
「なんで四分音符なのに1拍なの?」と疑問を持った子には話しています。

こんな小さな疑問を持った方のちょっとしたスッキリになってもらえると嬉しいです(*^^*)

HPはこちら→http://ooyama-piano.com/
良くある質問はこちら→http://ooyama-piano.com/faq/